2014年05月15日

黒田官兵衛 その1

黒田官兵衛 その1

天文15年(1546)、

小寺職隆(もとたか)の嫡男として播磨国姫路で生まれる

名は孝高(よしたか)、剃髪してからは如水(じょすい)と称す

主君・小寺政職(まさもと)に織田信長につくことを進言し、

その後、自らは羽柴(豊臣)秀吉の下で軍師として働く

秀吉の死後、東軍として天下を狙うが機を逸し、

晩年は筑前の太宰府および福岡城で隠居生活を送る

慶長9年(1604)伏見にて病没、享年59

竹中半兵衛と並び「秀吉の両兵衛」と称される









posted by 播州 官兵衛おせちセット at 15:40| 黒田官兵衛 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。